読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアサロンBlog

創造発見塾を運営する川内メディアサロン実行委員会の東北大生が受講生の皆さんにお役立ち情報をお届けします!

”なぜなぜ”してみませんか?~あと研究のお話~

実行委員工学部4年の田中です。

かなりいい笑顔をしている右の青年が僕です。

f:id:mediasalon:20170126163907j:plain

日中韓交流事業の活動で仲良くなった中国人の友人と!)

 

今日のテーマは“研究”

 

東北大学といえば、全国的にも研究に力を入れていることで有名ですよね。

僕は現在工学部4年ということで、ただいま絶賛研究漬けの毎日です!!

 

僕が今やっている研究は、 ”脳”に関係する研究です。

 

初めて僕が脳に興味を持ったのは, 高校1年の時。

そのとき激ハマりしたライトノベルの中で、考えるだけで機械を動かしたり、

リアルには何も起こっていないのに、脳に直接刺激を入れると自分が何かしているように感じられたりする技術が登場して…

そんなフィクションの中の技術を実現してみたいなと思ったのが、今に繋がります。

 

それを実現するには、まずは脳の機能や仕組みを知ろうと思ったんです。

でも脳って本当に不思議がいっぱいで、僕たちの思考も、行動も、本能でさえ全て脳が司っていますよね?

人によっては、宇宙よりも不思議が眠っていると言われるくらい。

まだまだわからないことが多い分野なんですよ!!

 

その中でも特に

 「睡眠中の脳の活動が記憶の定着にどう関わっているのか?」

というのを調べています。

 

実験やらデータの解析やらに追われる毎日ですが、

好きな分野の研究ができてほんと楽しいです!笑

f:id:mediasalon:20170126163944g:plain

(http://www.holistic-online.com/Remedies/Sleep/sleep_stages-1-4NREM.htm;睡眠中の脳波)

▲こんな感じの波形を毎日眺めています…。

 

さて、1年間研究生活を送ってきた僕ですが、

その中で”Why”の大切さを感じています。

 

最近だと毎日1000回くらいはWhyを考えます……(多少盛りました。)

でもそのくらい頭の中はWhy!!

 

例えばデータ解析の場面。

実験で睡眠中の脳波の計測を行って, それを解析します。

もちろん、理論的にこんな波形が取れてほしい!という理想があります。

その理想的な波形が実験の計測で取れるかどうかを確認する、というのが多々あるのですが、ほとんどの場合うまくいきません(白目)。

でもそれは当たり前で、先生が行う実験ですら、そんな感じです(白目)。

 

ここで大事なのは

「なぜ、理想と違う結果になったのか」

を真摯に考えることです。

 

計測機器に問題があったのか?なぜ計測機器に問題が起きたのか?

どんどん深堀をして行って、根本的な原因を導き出す。

そしてそれを修正してまた実験を行ってみる.。

これの繰り返しです。

 

ここでWhyをうまく使いこなせないと、違う原因にたどり着いてしまったり、

論理が飛躍して, 全く的はずれな原因を導いてしまったり…。

f:id:mediasalon:20170126164039j:plain

(http://multiple-sclerosis-research.blogspot.com/2014/12/does-sleep-deprivation-make-your-brain.html; 睡眠中のマウスイメージ)

▲かわいい…!

 

 

研究生活はwhyで溢れかえっています。

Whyを考える習慣、whyを考える力の重要性を痛感しています。

 

皆さんは「5 whys」という言葉を聞いたことがありますか?

5 whysとは、1つのテーマに関して5回whyを考える思考法です。

例えば……

f:id:mediasalon:20170126164102g:plain

http://www4.tokai.or.jp/advi-qc/p01.htm; 5 whys)

みたいな感じです。

とりあえず何でも5回なぜなぜしてみる!

これは、先ほどのデータ解析の場面でも使えますし、

普段から意識すれば、自然とwhyが身につきます(^-^)

 

まずは、「なぜ、東北大学に入学するのか」から5 whysを始めてみませんか?

 

実行委員4年 田中健

高校と大学の部活はえらく違った、て話

 

よさこい大好き実行委員理学部3年の東(ひがし)です。

こんな感じですが、趣味はお菓子作りです。

f:id:mediasalon:20170123222318j:plain

 

まず何より……

受験勉強、お疲れ様でした!!!東北大学へようこそ!!

今はゆっくりと頭を休めて、

4月からの生活を想像しながらエネルギーチャージしてください。

 

さて、今回のテーマは「サークル」。

結構気になるテーマではないでしょうか?

入りたい団体が決まっている人もそうでない人も、少々お付き合いください。

 

 

まず

Q.高校の部活と大学の部活・サークルの決定的な違いはなんでしょう!

 

それは……

A. 全てを自分たちで実施すること

 

え?そんなの高校の時から当たり前?

いやいやいやいや、「全て」ですよ「全て」。

たとえば……

 

・サークルの内容、目的、目標の決定・必要な備品の調達・練習場所の確保

・活動場所の管理・運営費用の算出、調達、管理・遠征の交通手段、宿の手配(遠征に行くかどうかも決める)・対戦相手との打ち合わせ(and more...)

 

この仕事量をみると高校までの顧問の先生や保護者の皆さんに感謝せざるをえない…!

今までかなり学校や先生に守られていたんだな~と再確認します。

他にもトラブルなどが起これば大人として責任ある対応が求められます。

 

私も、よさこいのサークルの遠征を企画しました。

日程計画から始まり、宿や移動手段の手配など大変なことも多かったですが、

お世話になる人など各所とのやりとりを念入りに行うなどして、

80人のメンバーと無事に遠征に行って帰ってくることができました。

f:id:mediasalon:20170123143800j:plain

(YOSAKOIサークルで埼玉遠征をしたときの一枚) 

 

大学生活では、たくさんのことを学生だけで行わなければならないため、

サークル運営はとても大変ですが

乗り越えたときの達成感はひとしおだったり、

自分のやりたいことを実現できたり、

困難をともに乗り越えることでめっちゃ仲良い友達ができたりします。

 

f:id:mediasalon:20170123143820j:plain

(本気でやり切ったときは、みんなもいい顔しているはず!)

 

みなさんも何か一つ、

本気で関わりたいと思える部活やサークルを見つけることをお勧めします!

 

私は4月ごろ、色んなサークルがありすぎて全部入りたくなってしまいました…

アルバイトもやりたいし…

気になるのは、

どれくらい“かけ持ち”できるのかなってことですよね!

 

私は、現在3つの団体を掛け持ちしています!

①みちのくYOSAKOI THE!!駆波゛乱 

 よさこいやってます。

 

青葉城男声合唱

  ストリート合唱やってます。

f:id:mediasalon:20170123143849j:plain

(昨年のクリスマスは、仙台のアーケードで合唱ライブをやりました)

 

③川内メディアサロン実行委員会

 創造発見塾作ってます。(実はサークルではなくお仕事なんですよ!)

 

3つは多いと思う人も、

これよりもっと掛け持ちしたい人もいると思いますが、

やりたいこと全部、手を抜きたくないし、楽しみたい!

そう思えば意外とできてしまうものです。

 

しかし、なにも考えないでやっていると、圧倒的に時間が足りません…!

 

そこで、常に意識していたのが8つの技術の一つの

 「セルフマネジメント」 です。

時間がないから無理!と考えるのではなく

自分の現在の状況を一度俯瞰してみます。

例えば、自分を置き換えて他の人にアドバイスするような感覚です。

 

それは自分にしかできないことか

他の人に任せられることはないか

優先順位はなんだ

何日練習日を自分に与えれば本番に満足したパフォーマンスができるか。

睡眠時間は確保できるか

テスト勉強、レポート提出は間に合うか

休み時間に片付けられる仕事はないか

 

すると前の自分は難しい・苦しいと思っていたことでも、

案外ポジティブな余裕が生まれてきたりします。

 

振り返ってみても、かなり忙しい日々でしたが、

どれも大切な思い出ですし、当時の自分の限界も知ることができました。

今はいい経験です。

f:id:mediasalon:20170123143943j:plain

(楽しむときは楽しむ!)

 

特に、東北大だと理系の3・4年生と聞いて、

研究室で時間がすべて奪われる未来を想像している人もいるかもしれません。

しかし、入学前にはっきり伝えておきます。

 

大学生活、自分しだいです!

 

実行委員3年生 東 周論