メディアサロンBlog

創造発見塾を運営する川内メディアサロン実行委員会の東北大生が受講生の皆さんにお役立ち情報をお届けします!

チームの中で動くということ

みなさん、こんにちは!

 f:id:mediasalon:20180510153607j:plain

 今回のブログを担当します、

経済学部2年の石田夢歩(いしだ ゆめほ)です。

 

 

 

 仙台市出身の自宅生です。

趣味は寝ることと、最近寝てばかりいる上野動物園の赤ちゃんパンダ・シャンシャンの動画を見ること!

パンダが大好きなんです!

動物の赤ちゃんが大好きなんです!

動物が大好きなんです!!

 

将来は、マイクロブタと共にのんびりと生活したいと思っています。

 

……さて、いきなり動物について語られて、お困りの方もいるでしょうが、今回お話ししたいのは勿論、動物のことではありません(笑)

 

私には昔から、動物愛に負けないくらい大好きなものがあります。それは、お洋服です。

明日は何を着ようかな、とクローゼットの前で悩む時間が、毎日の楽しみになっています(同感してくれる人もいるかな?)。

 

そんな私が新たな挑戦として始めたのは、宮城県の大学生が主催している、ファッションショーの運営です。

f:id:mediasalon:20180513010047j:plain

勿論、最初の動機は「お洋服が好き」という想いですが、実際にやってみると、ファッション以外のことでも沢山考えるべきことがありました。

 

ブログ全体のテーマとなっている

”Next Stage”に関連して、今回はそのことをお伝えしたいと思います!

 

 

ファッションショーのお仕事

 

まず、ファッションショーでのお仕事にどんなものがあるのか、簡単に説明したいと思います。

 

どれだけの方が携わっているのでしょうか?

モデルさん、モデルの講師の方、衣装を提供して下さるブランドの方、ヘアメイクを担当して下さるヘアサロンの方、場所を提供して下さる方、ダンスや音楽の演奏などで、ショーを盛り上げて下さる演者さん、そして、私たち学生スタッフ…

ざっと挙げただけでも、これだけ多くの人が集まって運営しています。

 

私たち学生スタッフは、それぞれの役職ごとにグループに分かれて活動しています。

SNSの配信やチラシの作成などの広報活動、演者さんを含むステージ全体の構成の考案、モデルさんのマネージャーや衣装の管理など…

モデルさんも一から募集し、ファッションショー本番の4~5か月前から、それぞれの役職で準備を始めていきます。

 

 

全員の目的は?

 

学生スタッフは皆、ショーの運営という、新しいことに“挑戦”しに来た人たちです。それぞれで動機は違うでしょう。「お洋服やファッションショーが好きだから」「何かを一から企画してみたいから」等、いろいろな理由があると思います。

 

でも、スタッフは1つのチームとして、ファッションショーを運営していかなければなりません。そこで、チーム全員に共通する目的を、全員が共有する必要があります。

 

ファッションショーにおける、スタッフの目的は何でしょうか?

ここでは、「観に来てくれた方によりよいファッションショーを提供すること」ですね。

チームが一丸となって活動するためには、その目的に基づいて、各役職でも、個人としても、行動していくことが大切になります。

f:id:mediasalon:20180513102656j:plain

 

 

 そしてこれは、チームとしての協調性を高めるだけではありません。

 

例えば、当日何かのアクシデントが起こった場合はどうするでしょうか?

勿論、事前にリスクを想定し、その対処法も話し合います。

衣装が汚れてしまったら?時間が大幅に押してしまったら?モデルさんがケガをしてしまったら?

問題が起こった時のために、どのように行動するのかを決めておく必要があります。

 

ですが、実際に当日起こるアクシデントは、大体が想定外のものです。全員が自分の仕事で忙しい中、自分が問題に直面したとき、自分一人で臨機応変に対応しなければなりません。幹部の人の指示を仰いでいる時間はありません(汗)

 

そんなとき、”全員に共通の目的”が必要です。一番に優先すべきことが何なのか、その目的から考えだし、目的を達成するために適切な行動を選択すればよいのです。

 

 

 

モデルさんのために何をする?

 

私の所属しているグループは、主にモデルさんのサポートが仕事です。

そのため、「よりよいファッションショーを提供する」ために私たちがするべきことは、「モデルさんをより魅力的に魅せる」ことです。

ウォーキングのレッスン(講師の方が付きますが)やポージング練習は勿論、体系維持に関することや、精神的な面でも支えていくことが大切になります。

 

 

この、「精神的な面でも支えていく」とは、どういうことでしょうか?

色々な意見があると思いますが、私は「モデルさん個人と向き合って信頼関係を築く」ことだと思っています。

 

例えば、皆さんは褒められて伸びるタイプですか?叱られて伸びるタイプですか?

 

ちなみに私は、褒められると「やった、頑張るぞ!」とやる気を出し、叱られると「悔しい、頑張るぞ!」とやる気を出し、どちらでもいける単純人間なんですが(笑)

人それぞれで、違ってくると思います。

 

それと同じで、モデルさんにも、色々な方がいるんです。

 

褒められて伸びる人・叱られて伸びる人、自分に自信がある人・自信がない人、本番に強い人・弱い人、一人で集中して頑張る人・みんなと協力して頑張る人、レッスンに来れる人・忙しくてなかなか来られない人…

 

色々な人がいて、それぞれの個性があります。”モデルさん”とひとくくりにするのではなく、モデルさん一人ひとりと向き合い、その人のショーに対する不安や悩みに対して、一緒に考えていける関係であることで、モデルさんを最高のコンディションでショーに送り出すことが出来ます。

 

誰かをサポートするということは、普段以上に、相手との対話が大切になってくるのです。

 

f:id:mediasalon:20180509195644p:plain

 

 

 

自分だけができることは?

 

これまで、チーム内の仕事の視点から、私なりの考えを伝えてきました。最後は、”チームの中の自分”に焦点を当てて考えたいと思います!

 

皆さんは、部活・サークルなり、バイトなり、何かしらの団体に所属していると思います。その中での皆さんの役割は、何ですか?その中で、誰にも負けない自分の強みは、何ですか?

 

ショーの運営スタッフの中にも、自然と”その人の役割”というものができています。それは、具体的な仕事とは違います。

厳しく叱れる人、士気が上がるように雰囲気をつくれる人、全体を俯瞰できる人…

どれも、チームには必要な役割です。

 

今のチームに必要な役割は何か、自分にできる役割は何かを考え、誰にも負けない強みを見つければ、目的のためにどのように行動しようか、その方法が分かってきます。

 

私は、誰かを叱ることは苦手です。全体を見渡せるほどの寛大さも持っていません(泣) その代わり、モデルさんの不安に気づいて一緒に解決策を考えたり、自信をつけてあげたりしたい、と思いました。

そのために、「誰よりもモデルさんの話を聴く」ことを意識しています。仕事で手一杯になっても欠かさないように!簡単なようですが、実際は難しいんです(汗) 

正直な気持ちを引き出すことが、私が見つけた、私の役割です。

 

 

皆さんの役割は、何ですか?

 

誰よりも先に練習に行く、誰よりも率先して準備をする…まずは小さなことでもいいと思います。自分の役割を見つけましょう。

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

大学生になると、チームで活動する機会は沢山出てくると思います。

ぜひ、チームのために、チームの目的のために、自分には何が出来るのかを考えてみてくださいね!

 

実行委員2年目 石田夢歩

 

 

  

 

クルールの場所を確認しよう

みなさん、こんにちは!管理人です。

私が登場するときは大体、道案内記事なんですが…

 

今日の目的地クルールはとっても分かりやすい場所なので、「確認」ということで登場しました(笑)

 

キッチンテラスクルールは、厚生会館のお隣、ウッドデッキのある建物です。

f:id:mediasalon:20180416125140j:plain

 

16日の説明会はここで行うので、お間違えのないように!

行った気になれる道案内(文系喫茶ルポー編)

みなさん、こんにちは!

早くも3回目の登場、管理人です。

 

今日から授業がスタートしましたね!

いよいよ本格的な大学生活の始まりです。

 

それに合わせて、私たちも座談会を今日から開催します!!

 

たくさんの方とお会いできることを楽しみにしていますが…

「文系喫茶ルポーって知らない」

「遠いの?」

という方がほとんどだと思うので、今回も道案内していきます!

座談会は今後も開催していくので、まだ講座を受講していない方も是非ご覧ください^^

 

 

 

①北キャンパス前の交差点を渡る

f:id:mediasalon:20180409131051j:plain

若干画像が粗いですが(汗)

大きな交差点を渡ります。川内北キャンパスを背に直進してください!

 

 

②直進

f:id:mediasalon:20180409131057j:plain

そのまま真っ直ぐ進みます。少し進むと図書館が右手に見えてきます。

今の時期は桜並木(中善並木)が綺麗です。

f:id:mediasalon:20180409131047j:plain

これは萩ホール側からの撮影ですが、文系の講義棟が見えたらもうすぐ。

ロータリーまで進みましょう。

 

 

③厚生会館に入る

f:id:mediasalon:20180409131112j:plain

この屋根がある建物(厚生会館)の中にルポーがあります。

中に入ると…

 

f:id:mediasalon:20180409131958j:plain

食堂が正面に。

「ルポー」と書いてある右側の矢印方向に進みます。

 

f:id:mediasalon:20180409131947j:plain

ちょっと隠れたところにある、「文系喫茶ルポー」に到着!

スタッフとお話ししましょう!

 

 

 

以上、ルポーまでの道をご案内しました。

みなさんが迷わずに来られますように…!

 

 

 

【お詫び】

前回のブログに、日程変更についてコメントしてくださった方がいらっしゃいました。返信ができず、誠に申し訳ありませんでした。

14日・15日に受講予定の皆さんは、当日の欠席・日程変更等は以前にお伝えした緊急連絡先までお電話くださるよう、お願い致します。

 

 

行った気になれる道案内(国際センター編)

皆さん、こんにちは!

管理人です(^O^)

 

今回は道案内第二弾、国際センター編!

前置きはこのくらいにして、さっそく出発しましょう~

 
①国際センター駅出口

f:id:mediasalon:20180405231016j:plain

地下鉄東西線の国際センター駅で下車します。

こちらは大学側の出口。

 

f:id:mediasalon:20180405231824j:plain

左に曲がると、国際センターに向かう道です。(写真右奥)

 

f:id:mediasalon:20180405230902j:plain

駐輪場は出て右側のこちらが便利ですよ!

 

 

 

②展示棟~会議棟

ここからは、国際センター側出口(羽生選手と荒川選手のモニュメントがあります)に移動して案内を続けます。

 

f:id:mediasalon:20180405231037j:plain

駅を出るとこんな感じ。写真中央の建物が国際センター(展示棟)です。

会場『桜』・『橘』は会議棟なのでまだもう少し先!

 

f:id:mediasalon:20180405231541j:plain

展示棟正面から、

f:id:mediasalon:20180405230921j:plain

左に行きます。

f:id:mediasalon:20180405231412j:plain

f:id:mediasalon:20180405230950j:plain

連絡通路を通ると…

 

f:id:mediasalon:20180405231208j:plain

国際センター会議棟に到着!(実際には建物の裏側になります)

7日の創造発見塾は、会議棟の2Fにある『桜』で実施します。

当日はスタッフが数名、会場近くに立っていますので、場所がわからないときはお声掛けくださいね(^^)

 

西公園側からおいでの方は、大橋(地下鉄『大町西公園』駅から徒歩5分程度の白い橋です)を渡って直進すると、ちょうど上の写真のような会議棟の建物が見えてきますよ。

 

 

 

 

以上、国際センターまでの道をご案内しました。

明日以降の講座にも、たくさんの方がいらっしゃいます。

早めの移動がおすすめです!

 

それでは、当日にお会いしましょう!

ひとのこころのつかみかた

はじめまして。

 

法学部1年の坂ノ上優香(さかのうえゆうか)と申します。

f:id:mediasalon:20180223110220j:plain

お隣の岩手県出身ですが、寒さにはめっぽう弱いです…。

最近はジグソーパズルにハマっています(笑)

 

 

さて、今回は

メッセージデザイン

について書きたいと思います。

 

 

 

 

そもそもの話。

「そんなもの初めて聞いた」というみなさん。

言葉だけ聞くと想像しにくいかもしれませんが…。

実は日常でたくさん使われている力なんです。

 

例えば、みなさんの家に届いているチラシやTVのコマーシャル。

進学準備で大きな買い物をされている方は、いろいろな広告に載っている宣伝文句を目にしているはずです。

選ぶときの決め手になったりもしますよね。

 

 

メッセージデザインとは、端的に言えば

人の心をつかむ伝え方のこと。

 

ここを押さえていただいた上で、次は実例をご紹介します!

 

 

 

 

 

 

身近にあふれるメッセージ

 

今回は…。

 

f:id:mediasalon:20180319225535j:plain

じゃん。

 

 

 

新入生の皆さんにはもうおなじみでしょうか?

こちらの入学準備冊子「Door」から探してみます!

 

 

 

その1

創造発見塾のページの中に、こんな文言がありました。

「スタートダッシュの場となる」

「体験こそが価値となる」

「仲間との知的交流」

 

これらは、発見塾の3つの意義を端的に表したものです(詳しくはp67)。

結局何で受けなければいけないのか、よくわからない新入生の皆さんに向けて、

インパクトの強く、短い言葉で

自分のこととして考えられるように

工夫して考えられたものなんです。

 

 

その2

こちらのページも言葉の力が活躍しています。

f:id:mediasalon:20180319225605j:plain

おすすめPCの1つ、Macbookの紹介ページです(気になる方は是非チェックを!)。

 

いくつかある特徴を

必要最低限の言葉で

表現したキャッチコピーが決め手になった人もいるんじゃないでしょうか。

 

 

こんな風に、言葉の選び方ひとつで商品や話し手に対する印象が大きく変化することがあります。

 

 魅力的な言葉は、人の行動を促すものです。

 

自分で一から作り上げたものを発信する機会も多い大学生活、

ちょっとした工夫で人の心に響かせられる言葉の魔法って、素敵だとは思いませんか。

 

 

 

 

おわりに

本日の内容は、実例を中心とした内容でした。(難しかったというみなさん、ごめんなさい)

 

31日から始まる講座では、このような今後に活きる知識を

みなさん自身の体験を通して

学び、身につけていただきたいと思います。

 

 

 

それでは、講座当日にお会いしましょう!

スタッフ一同、皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

(このブログもまだまだ頑張るので宜しくです^^)

 

 

 

 

実行委員1年目 坂ノ上優香

 

 

 

 

 

 

行った気になれる道案内(フォレスト仙台編)

みなさん、こんにちは!

 

今日は、ブログの管理人より

行った気になれる道案内をお届けします!

 

第一回となる今回は、創造発見塾A・B日程の会場となるフォレスト仙台に行ってきました。

 

受講予定の皆さん、事前にチェックしておきましょう!

他の会場についても、順次紹介しますのでご安心くださいね。

 

 

それでは、さっそく出発!

 

 

北四番丁

f:id:mediasalon:20180328231646j:plain

地下鉄南北線に乗って数分、北四番丁駅に到着です。

北2出口から出るとこんな感じ。自転車の方はこの駐輪場を使ってください。

 

 

②交差点を左に曲がる

f:id:mediasalon:20180328231704j:plain

駐輪場の先にある、タバコ屋さんの角を左に曲がります。

「懐仁堂」の黄色い看板(写真左端)がある方に向かいましょう。

 

 

③ひたすら直進

f:id:mediasalon:20180328231727j:plain

f:id:mediasalon:20180328231748j:plain

f:id:mediasalon:20180328231822j:plain

しばらくまっすぐ進みます。

 

ガスト

TREnTA(イタリアンレストラン)

docomo(フォレスト仙台1Fにあります)

 

と進んでくれば、もうすぐです!

 

 

④フォレスト仙台入口まで

f:id:mediasalon:20180328231851j:plain

先ほどのdocomoが見えたら、前の通りを左折します。

そうすると…

 

f:id:mediasalon:20180328231914j:plain

フォレスト仙台の入り口に到着しました!

写真中央の階段から入りましょう。

 

 

 

以上、フォレスト仙台までの道順をご紹介しました。

当日は大勢の受講生の皆さんが集まるので、周りも見ながら向かうとすんなり行けるかもしれません(笑)

 

 

一気に春めいてきましたが、くれぐれも体調には気を付けてくださいね!

それでは、次回もお楽しみに(^^)

研究の難しさと、楽しさ

新入生のみなさん、こんにちは! 理学部4年の藤田稜介です。

 

f:id:mediasalon:20180316125350p:plain

 

 

もう1か月足らずでいよいよ大学入学ですが、準備は順調に進んでいるでしょうか?

授業や新生活のことでいろいろ考えている最中だと思います。

 

今回のテーマは、ずばり「研究」です。

 

「まだ入学もしていないのに・・・」と思っているかもですが、大学で行われている教育は研究を行うための基礎的な素養を身につけるものだと言えます。

 

また、大学の卒業の際には「卒業研究」を行わなくてはなりません(一部の学部・学科を除く)。

 

f:id:mediasalon:20180316125528p:plain

(僕が実際に書いた論文です。全部で50ページくらい書きました…)

 

つまり、ゆくゆくは研究を行うことを前提として、大学での勉強に臨むことが大切です!

 

では、研究とはどのようなものなのでしょうか?

今回は僕が実際に行った卒業研究の例とともにお話していきます。

 

 

研究は何のためにするの?

 

どんな学問分野にも、まだわかっていないことや課題が残されていることがあり、これらを解消することを目指すのが「研究」です。

論文を読んで、自分の研究の背景知識・わからないことを探ります。

純粋にある学問の中での疑問・課題を解決するものもあれば、新しい技術を開発するものなど、研究それぞれの目的は様々です。

 

 

僕の研究では、ざっくり言うと「沖縄県に発生した過去の津波を明らかにする」ことが目的でした。

理学系には多い、純粋に「わかっていないことを明らかにする」研究です。

 

研究に求められる「論理」

 

「なぜこのことがわかっていないのか?」

「この手法で分析を行うとどんな結果が得られるのか?」

「このグラフは何を意味し、ここから何がわかるのか?」

 

背景知識を調べているときや、研究を進めているとき、様々な問いが生まれてきます。

 

この問いを解決する際に、論理的に考える必要があるのは言うまでもないですが、中でも大切なのは「事実と解釈を混同してはいけない」ということです。

 

例えば、下の表のようなデータが得られたとしましょう。

 

A

2%

B

3.5%

C

6%

D

9%

 

このデータからいえる「事実」は何でしょうか?

 

 

「Aは2%で、Bは3.5%、Cは6%、Dは9.5%。4つの中ではAが最も低く、B、C、Dの順に数値が高くなっている。」

これが「事実」です。

 

 

「Aは数値が2%とかなり低く、対してDは9%と高めである。」

こうなってしまうと「解釈」が含まれています。

 

つまり、誰がどう見ても同じであるものが「事実」、人や見方によって変わりうるもの(後者で「かなり低い」「高め」という部分)が「解釈」です。

 

事実と解釈が混同した状態では、結果を正しく扱えずに議論がままならないことがあります。

 

僕は、自分で一生懸命作成したグラフやデータ集から何がわかるのかを考えるあまり、自分で考えたことを「事実」と勘違いしてしまい、どこまでが自分で考えたことなのかわからなくなってしまうこともありました…。

 

まずは事実を整理し、すべて整ったところで解釈するのが混同しないための方法です。

 

また、研究成果として論文を書くこともあります。論文を書く際にも、論理的な文章構成を心掛け、読みやすい文章を作成する必要があります。

 

研究には、論理の力が強く求められるということがわかっていただけたでしょうか?

 

 

 

研究はつらいだけじゃないよ

 

高校までに、学術研究に携わった人は少ないと思います。

「大変そう」「自分にはできるかどうか不安」なんて声も多いです。

 

しかし、研究は自分の興味・関心のある分野に好きなだけ触れることができる唯一の機会といっても過言ではないでしょう。

 

また、確かに論文を書いたり作業量が多かったりで大変なこともありますが、「研究楽しい!」と思える機会もあります。

 

僕は卒論のためのフィールド調査で、沖縄県内の無人島に行きました。

 

f:id:mediasalon:20180316130117p:plain

 

f:id:mediasalon:20180316130131p:plain
無人島といっても、宿泊するための施設はある「人が住んでいない島」でした)

冒頭の写真も、その時にとったものです(笑)

自然豊かなところで、まるで時が止まっているかのような感覚に襲われました!

 

 

研究は、部屋にこもって文献を読んだり作業をしたりするだけではありません。

外に出て調査を行ったり、ほかの大学の人と合同で行ったりなど、今までにない経験を積めるのもまた研究の魅力です。

 

 

皆さんが研究するときに、「研究は難しいけれど、楽しいこともある」と感じていただければ幸いです!

 

 

 

実行委員4年目 藤田稜介